喪中はがき受付中

 

【喪中/寒中はがき受付中】

喪中はがき(年賀欠礼状)・寒中はがきのご注文承ります。
例文は喪中・寒中など多数ご用意しております。
お客様のオリジナル文面もご利用いただけます。

◆片面黒1色印刷:30枚…1,760円~(はがき代別途)
(私製葉書の切手は御客様にてお買い求め下さい)

・30枚未満のご注文も承ります。

・納期は、印刷前の原稿確認作業のあと、3~4日後お渡しです
※特殊な用紙や、枚数が特に多い場合は別途日数をいただきます。

 

喪中はがきとは?

親族が亡くなった際、年賀状のやり取りをしている方々に対し、『親族に不幸があり喪中のため年賀状を控える』という意味の挨拶状です。
正式名称は「年賀欠礼状」といいます。

 

遠い親戚が亡くなった場合も喪中はがきを出す方が良いですか?

喪中の範囲に決まりはありませんが、一般的に本人から見た2親等以内が通常とされます。(父母、祖父母、孫、きょうだい、義理のきょうだい)

あくまで目安となりますので、亡くなられたが特に親しい間柄であった場合には喪中とするなど、故人との関係性によりご判断下さい。

 

喪中はがきを送る時期は?

年賀状を書きはじめる前の10月~12月上旬に届くように出すのが一般的です。

12月にご不幸があった場合などは、あえて喪中はがきは出さず、松の内が明ける1月7日以降に寒中見舞いでお知らせをしても良いでしょう。